読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 泣ける!河瀬直美監督のカンヌでのスピーチ


河瀬直美監督の「殯の森」が
カンヌでグランプリを穫った。


萌の朱雀」でカメラドールを
受賞されたとき、私はまだ学生だった。


変わらない自然と、変わっていく人間たち。
そのコントラストが静かで深い映像で描かれていて、
それまでケバい映画しか観たことがなかった私は
とてもショックを受けた。


京都の映画館に来たときに
失礼ながらカメラを向けたら、
笑顔で手を振ってもらったのを覚えている。


あれから10年、
今度はグランプリ。すごい。
そのスピーチもまた感動的で、
読んでると熱いものがこみあげてくる。


「人生はたくさんの困難がある。
 お金とか服とか車とか、
 形あるものによりどころを求めようとするが、
 満たされるのは一部。
 目に見えないもの
 ――誰かの思い、光、風、亡くなった人の面影。
 私たちは、そういうものに心の支えを見つけた時、
 たった一人でも立っていられる、
 そんな生き物なのだと思います。」


殯の森」の劇場公開は6月23日から。
これはぜひ観にいきたい。
「萌えの朱雀」も、もっかい観たいなあ。


河瀬直美監督の「殯の森」、カンヌで2席のグランプリ
http://www.asahi.com/culture/update/0528/TKY200705280001.html