駅弁買うなら…


田舎に行くにあたって、
広島までは新幹線で行った。


長旅になるので弁当を買っておこうと、
品川駅構内の弁当屋に駆け込んだ。


色んな種類の弁当があって、
悩ましいなあと思いつつ、
箱の底についてる成分表を見て、
さらに頭を抱える。


どれもこれも、
保存料・着色料・添加物バリバリ。


前に妥協して
駅弁の幕の内を食べて
気分悪くなったことがあるので、
どれもこれも買う気が起きない。


まいったなこりゃ、と思って
弁当屋をぐるぐるしていると、
寿司コーナーがあることに気づいた。


これもひどいのかなあと思って、
柿の葉寿司を手にとって成分を見てみたところ、
調味料以外、変なものは入ってない。
酢漬けの魚と酢めしは腐りにくいし、
柿の葉が持つ殺菌作用もあるのだろう。


柿の葉寿司と、
3種類の寿司を詰めたものを急いで買い、
新幹線の中で食べた。
どれもおいしくて、
パッケージが紙と木でできているのも
うれしかった。


買ったのは、
中谷本舗という会社が作っている、
「ゐざさ」というブランドのお寿司。
駅弁で困ったときは、おすすめです。


●中谷本舗「ゐざさ」
http://www.izasa.co.jp/

広告を非表示にする