読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たくさんのピースコピーライターが生まれた日


NIPPONをひっくり返して見てみよう、
というかけ声のもと集まり、創る集団「Noddin」。


その展示会で企画された「PEACE COPY」の
ワークショップに参加してきました。


講師はコピーライターの並河進さんと、
アートディレクターの福島治さん。


ワークショップは、
並河さんによるピースコピーの書き方講座から
はじまりました。


私もコピーライターなので、
自分なりのステップや視点をもって
書いているのですが、
並河さんがレクチャーで紹介された技法
実によくまとまっています。


いきなりコピーを書こうと言われても
固まってしまいますが、
ひとつひとつの技法に当てはめると、
書きやすくなるんですね。


講義のあとは、
実際に書いてみるステップです。
気づきを与える言葉、
未来へのシナリオを提示する言葉、
行動をうながす言葉、
新しい合意形成の言葉…。


安保法制が成立し、
日常にもきな臭い風が吹き始める中、
ひとりひとりがピースコピーに
向かっていました。


できたコピーは、
福島さんがチャリティTシャツプロジェクト
GIFT HOPE」の一貫としてTシャツになる
ということで、みんな真剣です。


そして発表。
福島さんの太鼓をバックに(笑)
自分の書いたコピーをプラカードとして発表。
お題目ではなく、個人の実感のこもった
ピースコピーの数々には、
ハッとさせられるものがありました。


私が書いたコピーは3つ。
・個人的自由権を行使する。
・核の力より、「書く」の力を信じている。
・平和のためなら、いますぐ脱げる。(Tシャツということで、笑)


さあ、どんなTシャツになるんでしょう。
デザインのアップは12月とのことなので、
ドキドキしながら待つことにしましょう。


言葉でつながり、理解しあい、考える私たち。
大げさに言うと、
言葉を書くことは、世界をつくることにもつながる。
だとしたら、ピースなコピーが増えることは、
ピースな世界が広がるきっかけになるのかも知れない。
そんな明るい気持ちになれるワークショップでした。


並河さん、福島さん、
どうもありがとうございました!


Noddin 3rd Exibitionは目黒のクラスカで今日18時まで。
ぜひ訪れて、視点をひっくり返してみてくださいね。


●Noddin 3rd Exibition
https://www.facebook.com/events/1497869513839822/