読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 18きっぷで会津の旅 【9】醤油蔵、味噌田楽


蔵めぐり、次はしょう油の蔵へ。
「金忠」という蔵に行き、
まわりをぐるっと見学。


売店でしょう油や味噌を試食して、
ここでもまたその深いおいしさにシビれ、
「濁り醤油」なるものを買う。
もろみが入ったコクのある醤油で、
なんと13世紀から造り方が変わらない醤油なんだそうだ。



ひととおり喜多方の街を歩いて、
もう見るものもなさそうだから、
また食に走ることにした。


「蔵見世」という大きな蔵を改造した見世で、
田楽のセットをいただく。
山椒みそ、じゅうねんみそ(ごまの味)、
甘みそ、ゆずみそなど、
素材にあわせてそれぞれ違う味の味噌が
塗られているのが凝っている。


味噌がついた素材を炭であぶるというだけの
シンプルなものだが、これがめちゃめちゃウマい。
会津でおいしいものをいっぱい食べたけど、
この田楽がいちばん気に入った。



帰りの電車までまだずいぶん時間があるので、
駅の周りをぐるぐる歩き回る。
う〜ん、人、いないなあ。
猫すらいない。
春ののんびりした空気の中、
1人でぶらぶらするのはとても気持ちいい。