読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 18きっぷで会津の旅 【4】鶴ヶ城


飯盛山を後にし、
次は会津若松のもう一つの名所、鶴ヶ城へ。
城のそばにあった茶屋に
「天ぷらまんじゅう」なるものがあり、
小腹が空いたので食べてみる。


これが…予想通りの味。
天ぷらのサクサクした衣の中に
温泉まんじゅうが入ってるもので、
まあ、普通においしい。



城に入り、とりあえずで
天守閣と茶室がセットになった入場券を買う。
ここでバスの一日乗車券を見せると、
50円の割引となり、料金は450円。


どうせ鉄筋コンクリートの城でしょ、
なんて思ってあんまり期待してなかったんだけど、
この天守閣が良かった。


内部は資料館になっていて、
一層が会津と城の歴史について、
二層が江戸時代の会津の文化、
三層が戊辰戦争
四層が会津の年中行事、
五層が展望ゾーンという構成になっている。


武士たちが争いを繰り返す戦国時代が終わり、
町人文化が栄える江戸時代となり、
そしてたくさんの血が流れて
大政奉還に至るという
近代の日本の歴史が展示物を楽みながら
自然に学べるようになっているのだ。


へぇ〜、なるほど〜なんて
ひとしきりお勉強した後に
五層から眺める会津若松の景色は
ただ目を満足させるだけではなく、
気持ちにもグッとくるものがあった。



飯盛山鶴ヶ城
会津の二大見所をすでに終えてしまって、
どないしょうかなあと思う16時半。
とりあえず街の中に戻って
和菓子屋さんでものぞくかと、
ガイドブックを開いた。


見たところ、
某老舗の椿餅と、
山田ダンゴ店という直球ネーミングな店の
笹団子がインパクトありそうだ。


再びバスに乗って、まずは某老舗へ。
椿餅をつまんで見ると、
モチモチした食感と甘辛い味がまあおいしい。
かつて白虎隊も食べた、というのもネタ的に面白いし、
おみやげに買って買えるかと思った。


で、いつものクセで成分表示をチェックすると、
ソルビトールと亜硫酸ナトリウムが入っている。
我が家のキッチンに常備してある添加物インデックス
「きょうからセーフティ・ダイニング」によると、
たしか亜硫酸ナトリウムは白血病やガンを
誘発する可能性があると書かれていたはずだ。
や〜めた。


そそくさと某老舗を後にし、
次は山田ダンゴ店へ。
この辺りは蔵が多くとても静かで、
歩いているだけで落ち着く。
山田ダンゴは、そんな静かな町並みにある、
ショーケースだけの小さな店だった。


ケースをのぞくと、
大福がひとつ残ってるだけ。
おばさんに聞くと、
笹団子はもう売り切れで、
明日は朝8時半から売り出すとのことだった。



8時半ね!
よ〜し明日は山田ダンゴ詣でから始めよう。
時間は18時くらいで、
まだ終バスに時間があったので
シブい博労通りから中央通りまで、
ゆっくりと歩いて会津若松駅まで戻ることにした。


こういうタフでスローな行程も、
ひとり旅ならではの贅沢なんだよな。


<続く>


******************************


国民投票法が、強行採決されました!◆


憲法を変えるための国民投票法と、
国内の米軍再編を促進する法律が
今日、衆議院で可決される見通しです。


現状政府が提案している国民投票法は、
世界の宝である平和憲法を破壊し、
人類が築きあげてきた民主主義をないがしろする、
本当に危険で汚い法律です。


国民投票法の問題点については、
マエキタミヤコさんのSUSTENA日記での
猿田佐世さんのコメントを読んでみて下さい。
国民投票法と猿田佐世さん
http://www.ecocolo.com/starblog/maekita/archives/2007/04/post_121.html#morexxx
●あーついに強行採決されてしまった・・・!!! このままじゃ、すまさないよー
http://www.ecocolo.com/starblog/maekita/archives/2007/04/post_124.html


美しい国」を標榜する総理大臣と政府、
そして政府を支える与党、自民党公明党が、
数の暴力のもと、何を行おうとしているのか、
しっかりと見ていこうと思います。


猿田さんの記事を読んで、
おかしいと思った人は、
1人でも多くの人に
このことを知らせて下さい。


与党が衆議院の3分の2を占め、
やりたい放題という状況を生んだのは、
ほかならぬ私たち有権者なのですから。