読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 忙しい人のためのマクロビオティック講座


丸の内さえずり館で開かれた
「忙しい人のためのマクロビオティック講座」
に行ってきました。


私は「忙しい人」ではないが、
料理はしないけど、マクロは気になる、
ということで参加させていただきました。
短い時間ながらも濃い話をきかせていただき、
とてもためになりました。


また二日三日かけて、
レポートしていこうと思います。


****************************


まず「マクロビオティック」という言葉について。
「マクロ」は大きな、
「ビオ」は命、
「ティック」は学問、道、などを意味する。
つまり、「マクロビオティック」というのは
大きな命の学問、ということになる。


マクロビオティックを学ぶことは、
大きなところから私ひとりの命を考えること。
大きなところというのは、地球、宇宙まで広がる。


生き方が地球とリンクすることで、
自分の幸せが地球の幸せになります。


マクロビのこの考え方は
健康、環境、生活、
どの分野にでも応用できることで、
最近日本にも定着してきたLOHAS
考え方にとても近いものがあります。


自然界は美しいものしか作りません。
自然をヒントにすることで、
必然的に人は美しくなります。
美しくなくなっているということは、
バランスを失っているということ。
そのバランスというのは、
「ひきしめる力(陽)」と「ゆるめる力(陰)」のバランス。


心臓に当てはめて考えると、
ひきしめる力は体中の血液を集める働き、
ゆるめる力は体中に血液を送り込む働き。


呼吸に当てはめると、
ひきしめる力は吸うこと、
ゆるめる力は吐くこと。


宇宙で起こっている物事は、
すべてこの二つの力のバランスで
成り立っています。
地球も自転と公転のバランスで
宇宙に浮かんでいるように。


****************************


<明日に続きます。>


●丸の内さえずり館
http://www.m-nature.info/