読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 秋の遠足「高尾山」


高尾山に行ってきた。


コースは、
石仏や修行者の滝を眺めながら登る、
スピリチュアルな「びわ滝」コース。


沢沿いの道は、
ひんやりしていて気持ちいい。
10月も後半に入ったとはいえ、
木々は青々としていて、紅葉の気配すらない。


山頂近くなり、
薬王院の参道に入ると、すんごい人。
秋の行楽シーズンとあって、
ケーブルカーでたくさんの人が訪れていた。


薬王院あたりは、
見物あり、食べ物ありの仏教テーマパーク。
山道から参道に入ると、イッキに観光地モード。
試食しつつ、仏を拝みつつ、頂上へ。


頂上もまた、すんごい人。
残念ながら曇りがちの天気で
眺望は楽しめなかったけど、
山の上で食べるおにぎりは格別。
がんばって登った3才の息子も、
大人サイズのおにぎりを3つペロリ。


ずっと山頂にいると冷えてきたので、
早めに降りる。


下りはケーブルカー。
このケーブルカー、
日本一の急勾配(31°)を上り下りするらしく、
滑り降りるような感じでけっこうスリルがあった。


降りてから、
登る前から気になっていた駅前の
「千代の家」で「もみじ焼餅」を
おみやげに買って帰る。


家に帰って食べたけど、
この「もみじ焼餅」、おいしかった。
田舎のお菓子って、あんこがうまいんだよなあ。
砂糖の甘さが控えめで、
小豆のおいしさが生きてる感じがして。


自然も観光もお手軽に楽しめる高尾山、
また春に行こっかな。